北海道地域観光計画(HORTO札幌)~活動日誌

北海道内で共働・共創・考動による地域観光づくりを行っている「北海道地域観光計画」(HORTO札幌)の活動日誌です。ニコンD800を駆使して様子を撮って皆様にお伝えしております。

12月5日の石狩当別付近

HORTO札幌です。
寒さは幾分緩んだようですが、雪は多いですね。

今日はスノーシューのガイドに向けて、わざと重い雪を踏んでみました。
シーズン初めなので無理はしません。
今日は当別の奥、青山中央小中学校跡付近で踏んでみました。

f:id:holto:20201205191656j:plain

積雪は50センチは軽くあります。
雪だるまができるくらいの湿雪で、この時期ならではと思います。
だれも踏み入れていない雪は、気持ちよいものです。

f:id:holto:20201205191849j:plain

といいつつ、アニマルトラッキング(動物のあしあと)はしっかりついています。
この足のブレの少なさはキタキツネかな?と思います。

f:id:holto:20201205192157j:plain

雪で埋もれた道路から、青山中央小中学校跡を望みます。
雪の音しかしません。

f:id:holto:20201205192315j:plain

雪が被っているのでなんとも言えませんが、細かいのでノネズミでしょうかね?

 

f:id:holto:20201205192906j:plain

エゾシカが樹皮をかじったか、こすった跡があります。
この樹の周囲には足跡が多く目立ちました。

f:id:holto:20201205193004j:plain

ここにも足跡が。
エゾユキウサギですかね。「けんけんぱー」で覚えます。

 

f:id:holto:20201205193610j:plain

山の中はそれなりににぎやかなようですね。
どんな行動をしているのか、想像すると面白いですよ。

 

f:id:holto:20201205193743j:plain

学校付近を流れて当別川に戻る小川。

f:id:holto:20201205193836j:plain

1kmほどでしたが、コロナ禍でできない全身での息と大量の汗をかきました。
これを数回繰り返すと、普通に移動できます。
初冬の通過儀礼です。

今回はNORLITE DESIGNS社のスノーシュー(HS)を使いました。
あまり聞きなれないでしょうが、実はMADE IN SAPPOROのメーカーです。
既にスノーシューは作っていませんが、現在でもそりやカヤックなどを作られています。
私の体重だと埋まりやすかったですので、次回はもう少しインチの長いスノーシューを使ってトレーニングしようと思います。

 

スノーシュー体験、好評販売中です。
山の中で密を避けた良い有酸素運動になりますよ。

www.jalan.net

activityjapan.com

www.kkday.com

 

12月4日の石狩当別付近

HORTO札幌です。
今日は毎週金曜日、札幌市内の札幌科学技術専門学校での講義の日です。
コロナ禍で、授業が40分に短縮され、2月の国家試験に向けた授業も残り5回しかありません。冬休みの課題を作りながら、何とか就職に役立つ資格を取ってもらいたい、それだけですね。
本当はもっと脱線した授業したいのですが、恨コロナ。

写真は「新篠津」です。
しのつ湖のワカサギ釣りも有名ですが、個性的な源泉の「たっぷの湯」はお気に入りのお湯のひとつです。

f:id:holto:20201204201330j:image

実は道の駅でもあります。


f:id:holto:20201204201309j:image

冬アクティビティも豊富なので、安心して楽しめる場所です。
当社で使っていない場所ですが、地域観光としてはお勧めですよ。

たっぷの湯

tappunoyuonsen.com

ほんの少しですが、公式ウェブサイトも更新中です。
お暇なときでもどうぞ。

horto.jp

12月3日の石狩当別付近

HORTOです。

今日の石狩当別は比較的穏やかな天気でした。時折雪が降る感じですがそれほどの量でもありません。

f:id:holto:20201203210503j:plain

多少除雪が済んだので、見栄えは良くなりました。


ワカサギの様子を見に行きました。
石狩放水路の第二放水路橋はお坊さん・・・・。
海側の望洋橋で時間20匹程度です。
回遊しているようで、当たると入れ食い、お暇だと音沙汰無しです。

f:id:holto:20201203210552j:plain

f:id:holto:20201203210732j:plain

真勲別川シャローポイントの様子。
雪景色ですが、まだ凍結する気配はありません。
この時期はこんなものですね。

この頃お気に入りの仕掛けは、VARIVASの返し鉤、1号ショートの6本です。
合わせる必要がありますがしっかりかかって、針自体も細いのでラクです。
1カ月前はホー●ック針と呼んでいる5つ598円の仕掛けを使っていましたが、これはほぼウグイ対策。どうせ彼らがかかると仕掛けはパーですので・・・・。
やっと本命しかかからなくなってきたので、ちょっと良い針を使っています。

 

 

 これの77.5㎝、1号が使いやすいです。

 

さて、コロナに負けないように体験プログラムも販売中です。

www.jalan.net

activityjapan.com

www.asoview.com

www.kkday.com

 

12月2日の石狩当別付近

HORTO札幌です。

12月に入って石狩当別は連日の降雪です。
朝起きたら40センチ積もっていました。

石狩当別に近いアメダスはお隣の新篠津にありますが、観測結果を見ると同じような天気のようです。

www.jma.go.jp
雪雲の流れ方でどこに積もるかが決まりますが、どうも北西~西北西の風に雪雲が乗った感じで、ほぼ直線になる石狩当別~新篠津~岩見沢に局地的に降雪があったようです。

さて、今日の様子。

f:id:holto:20201202170619j:plain

石狩太美の人工ワンドです。
積雪1センチ・・・・拠点から8キロ程度でこの積雪量です。
スノーシュー、するまでもありません。

f:id:holto:20201202170812j:plain

沼には少し雪が落ちて、特に葦や水草がある場所から溶けずに落ちています。
石狩川の氷はこのように、雪主体で凍結してゆきます。
雪が残って、寒さで溶けずにザラメの氷になり、それを繰り返します。

当然、これではまだ乗れません。


f:id:holto:20201202171026j:plain

これが同じ町内の本中小屋という場所に行くと、この雪風景です。
除雪が進んでいなく、まっすぐ走るのに難儀するくらいです。

f:id:holto:20201202171138j:plain

中小屋スキー場跡。
ここも50センチくらいあるでしょうか、積雪はしっかりあります。

f:id:holto:20201202171243j:plain

当別ふくろう湖、湖畔を走る町道です。
冬季は除雪しませんが、通行止めとは書いていません。
モービルなら入っていいのでしょうかね?(入りませんが)

ここも50センチはありそうです。
スノーシューならば歩けそうです。

f:id:holto:20201202171545j:plain

カヤックで使わせてもらっているふくろう湖もすっかり冬景色です。
ちょっと落ち着いたらスノーシュー踏査したみたいところです。

弊社「長官山スノーシュー体験」好評販売中です。

www.kkday.com

www.jalan.net

activityjapan.com



12月1日の石狩当別付近

HORTO札幌です。

さて12月、コロナウイルスの第三波が心配ですが、北海道も初冬を迎えた以上はその様子を逐次アップできればと思います。

本日の石狩当別は吹雪の1日で、11月30日には積雪が無かったため一気に降った感じです。

f:id:holto:20201201162523j:plain

粉雪20センチですね。
スノーシューはもう少し積雪が欲しいです。

 

JR石狩当別駅前は・・・・。

f:id:holto:20201201162717j:plain

モロ師岡、もとい吹雪です・・・・・。

 

これが隣町の江別(蔦屋書店)に行くと・・・・、

f:id:holto:20201201162642j:plain

直線距離で12キロしか変わらないのに・・・・。
これがこの時期の天気の違いです。
こちらは積雪がほとんどありません。

f:id:holto:20201201163705j:plain

茨戸川の釣り場です。
弊社では利用しない「ガトキン前」、まだ凍る雰囲気はありません。


さて、弊社では冬季はわかさぎ釣り、スノーシューなどを催行しております。
コロナ禍の中ですので、グループ単位で催行しております。

※最初からやってみる、ワカサギ釣り1日体験


※馬追丘陵・長官山スノーシュー体験


是非、密を避けて楽しみましょう。
ご予約好評承り中です。

 

 

裏山の紅葉の様子

HORTO札幌です。

10月になり、天気が良くても風が強い、穏やかでも変な雨が降るなど少し落ち着かない空模様が続きます。温度は徐々に下がってきていて当地でも街路樹でも色づきやすいナナカマドやクルミなどは黄葉してきています。

本来はカヤックの特訓をしたいところですが、折からの南風が平均10m、最大で15mくらいになり、これでは荒波に揉まれる兄弟船になってしまいますので中止に。
まあ、湖面の場合は遮るものが無いので余計気を使います。

f:id:holto:20201005184526j:plain

こういう日は甲羅干しをしながら、次に備えましょう。

ということで、スクーターの走破と紅葉リポートを兼ねて青山奥(あおやまおく)まで行きました。

f:id:holto:20201005184740j:plain

今日の御伴はホンダ・ライブ・ディオ前期型(1990年)。
2ストのエンジン音高く走ってみます。
本拠地発、旧弁華別小学校前にて。

f:id:holto:20201005184934j:plain

当別ダム前の親水公園にて。
まだ紅葉という感じは少ないです。

f:id:holto:20201005185027j:plain

道の傍らで伸びていた虎杖(イタドリ)はすっかり元気を無くしています。
秋を感じた途端に枯れてしまう、あまりに潔いです。

奥の雲は入道雲、なんとも夏の雲です。
これを見ると落雷注意にもなります。

f:id:holto:20201005185219j:plain

望郷橋手前(ダム側)の展望台より。
やはり紅葉には至っていません。

f:id:holto:20201005185310j:plain

山奥は雨が降っていそうです。

f:id:holto:20201005185342j:plain

当別ふくろう湖を抜け、旧青山中央小中学校の近くにあるちょっとした場所。
ここにはかつて、青山中央神社がありました。
当別ダムの建設に伴い、この地域の世帯ほとんどが移住し、今ではその歴史を伝える立派な礎が残っています。

f:id:holto:20201005190203j:plain

ナナカマドの黄葉は綺麗でしたね。

f:id:holto:20201005190247j:plain

青山中央より厚田方面へ1キロほど進むとあるのが「見晴らしの松」
松ではなく、オンコ(イチイ)の古木です。
樹齢は1300年ほど、約100年前の山火事でも燃えなかったということで、神木扱いされています。

f:id:holto:20201005190500j:plain

確かに迫力ある幹、太さを感じます。

f:id:holto:20201005190554j:plain

青山中央から青山奥(三番川)方面へ走ります。
雲行きが怪しいです。
当別方面から北に進むと順に奥一番川、奥二番川と続き、川としては五番川まで、以前は現在の五番川が六番川と呼ばれていたようです。
クルミの黄葉が見事です。

f:id:holto:20201005193035j:plain

大袋と呼ばれる手前の当別川(青山奥三番川)にかかる古風な橋。
この橋の橋脚は、当別町営軌道(1947-1958)からのもので、橋げただけ人馬通行ができるようにしたものです。

 

f:id:holto:20201005193555j:plain

見事ですね。

 

f:id:holto:20201005193627j:plain

f:id:holto:20201005193726j:plain

青山ダムまで来ました。(工事をしているようで、湛水していません)
多少黄葉している感じはありますが、ここで天気が我慢できなくなったようで、雨がぽつぽつと・・・・。
やむなく引き返します。

f:id:holto:20201005193818j:plain

帰り道、道路際にあった馬頭観音
昭和14年の建立ですが、周囲はしっかりと管理されているように見えます。
消滅集落にしない、何かそんな意気を感じます。

f:id:holto:20201005194021j:plain

ふくろう湖に架かる望郷橋(ぼうきょうのはし)。
ここまでくるとまた天気が回復してきました。というより山が雨だったのでしょう。

f:id:holto:20201005194220j:plain

ダム管理棟付近の展望台からダムを望む。
ダムの堰から逆風が吹き、落ちるはずの水が飛ばされていました。
写真で分からないのがつらいですが・・・・。

 

ということで、徐々に紅葉は進んでいる感じがします。
天気が良くて、風の心配が少ない日和を選んで、紅葉狩りも良いかもしれません。
北海道風に言えばカエデは観ないですが、観楓会シーズンです。

 

※インフレータブルカヤック体験、やっています。

horto.jp
※原付バイクで走ってみたい方、こんな体験も可能です。

www.jalan.net

当別ふくろう湖の様子(9/28)

HORTO札幌です。

今月は当別ふくろう湖の実地踏査を意識的に行っております。
というのも、札幌圏に通年型の親水アクティビティを定着させるべくコンテンツを開発しておりますが、秋こそこのダム湖の風景美をとロケーションが一番映えると感じております。

今日は北向きからの風が若干強いので、「トップ沢」と呼ばれる風の影響を受けにくい場所へ。

※ちなみに去年の様子は

秋の当別ふくろう湖&町内のナレッジジャンクション - 北海道地域観光計画(HORTO札幌)~活動日誌



f:id:holto:20200928193451j:plain

少し黄色くなってきた感じですが、まだ紅葉が進んだとは思えません。



f:id:holto:20200928193528j:plain

振り返ると町道の橋梁が良く見えます。

f:id:holto:20200928193650j:plain

岸の傍らには、熟したサワフタギの実が瑠璃色に映えます。

f:id:holto:20200928193946j:plain

ツリバナの実が緑に映えています。

f:id:holto:20200928194311j:plain

トップ沢をどんどん進みます。

f:id:holto:20200928194344j:plain

だいぶ湖底が浅くなってきて、1mあるかないか程度です。
小魚が群れて泳いでいました。
当別川自体はヤマメ、イワナニジマスがいますので、いても不思議ではありません。
たぶん今回見たのはウグイだと思います。

f:id:holto:20200928194738j:plain

湖の中にある切り株にヘッジを張って・・・・

f:id:holto:20200928194826j:plain

今日はローソンのかき揚げ丼にしました。
たまりません。。。

f:id:holto:20200928194903j:plain

トップ沢に沿ってある道路の跡が斜路になっているので、しばし陸上で休憩。
ここでコーヒー沸かして飲みたいくらいです。

f:id:holto:20200928195029j:plain

またふくろう湖本体に戻りましたが、少し水面が揺れています。

親水アクティビティは、12月末~3月中までのワカサギ釣り、7~8月の厚田ビーチ、そして5~6月と9~10月のふくろう湖などの湖や河跡湖カヤックでほぼ通年化できそうです。
あわせて、道東然別湖ウチダザリガニ防除協力などが関連し、だいぶ見えてきた感があります。

さて、こんなステキな札幌圏の様子を一緒に見て楽しんでみませんか?
以下の販売サイトで予約受付中です。

www.jalan.net

activityjapan.com

 

当社の活動内容は以下の公式サイトでも公開中です。

horto.jp